【旅行】JALどこかにマイル in 岡山 会社員の一人旅 4日目 倉敷から羽田空港へ!持って行った荷物やホテルレビューも!

帰るまでが旅行!倉敷から羽田空港までをナビゲート!

3泊4日の「JALどこかにマイル」岡山の一人旅もいよいよ最終日となりました。

メインは倉敷観光でしたが、岡山城、岡山後楽園、はては香川まで行くという…自分史上最大のフットワークの軽さだったかも知れません。

今回は旅をしながらブログを更新するという「リアルタイムブログ」を思い付きやってみました。

もしよかったら1日目の記事から読んでみて下さい。

このページでは、倉敷を出て羽田空港に行くまでを記録して行きます。

自分自身どのルートが良いのかを調べたので、多分同じような状況の方には役に立つかな?

倉敷から空港までは直接バスが出ている

来る時は岡山駅を経由したのですが、倉敷駅と岡山桃太郎空港間にもバスが利用可能です。

時刻等の詳細はこちらの岡山桃太郎空港公式ページにありますので、ここでは補足説明に留めます。

倉敷駅北口の2番乗り場に行くと、出発のかなり前(僕は20分前に行きました)からバスが待機されていて、いつでも乗れるようになっています。

結構混むみたいで、この日はほぼ埋まってました。

早めに行って席を確保しておく事をオススメします。

特に乗車券はなく、降りる時にお金を支払うシステムです。途中に寄る所が無いので料金は一律。

スイカ等のICカードも使えます。スイカを使う時は乗る時と降りる時の2回タッチするだけなので、現金よりはかなり便利ですね。

空港に着いたら

大きな荷物がある人は空港に着いたらまず荷物を預けましょう!

これで煩わしさから開放されます。

注意!

僕が失敗してしまったので注意喚起をします。

僕は荷物を預けてすぐ保安検査場に行ってしまいました。

「後は搭乗するだけ、という状況になってからゆっくりコーヒーでも飲むか〜。」

…と考えていましたが、保安検査場を過ぎるとカフェ等はありません!

もし早く空港に着いた方は、保安検査場に行く前に十分岡山桃太郎空港を満喫すべきと思います。

あ、でも航空会社のラウンジはあるので、JALのサクララウンジやANAのラウンジに入れる人は問題ありません。

でもこの航空会社のラウンジに入るための条件は大変厳しく、単にゴールドカードを持っているだけではその条件に当てはまりません。

庶民は保安検査場の前のカフェで我慢しましょう。

帰りの機内を楽しむ

行きも飛行機内の話題を出しました。

実は岡山へ向かう飛行機は右側の窓側、羽田へ向かう時は左側の窓側を予約していました。

これは富士山を空から見るため!

思ったより飛行機が速かったので行きは見逃してしまいましたが、

帰りはしっかり見えました!

もちろん撮影機器は機内モードで!

まとめ

以上で今回の旅行は無事終了!

以下からは荷物やホテルについてもう少し触れていこうと思います。

皆さんの旅行の参考にして下さい。

荷物は何を持って行った?

僕は帰省とか、海外出張とかのために大きめのキャリーケースを一つだけ持っています。

今回の3泊4日旅行には、以下を持って行きました。

いらなかったやつとかもあるのでメモしときます。

長袖のボタンダウンシャツ3枚

Tシャツ3枚

パンツ3枚

靴下3足

→最初に着てくのを含めて4セットあるので、着替えは丁度良かった(そりゃそうか)。

シャツにはアイロンかけて、シワが出来ないようにお店で畳んでるような感じにして入れてました。

フェイスタオル1枚

→使わなかったけど、これくらいは持っといた方が良いかも。

予備のチノパン

→基本は最初のを使い回し。なんかこぼしたりした時には必要になるかも(過去の経験から)。

iPad

→要らない。夜Amazonプライムビデオ見ようと思ってたけど、観光で疲れてそれどころじゃない。

→次回から戦力外通告。

GPD Pocket (PC)

→要らない。ブログ書くために持ってたけど、スマホで更新するのに慣れたから。

でも写真に写った人のぼかしとか、凝った編集するなら必須。

→次回は補欠。

各機器の充電器

→スマホのだけでいいかな。

テーブルタップ(電源の延長コード)

→今回は要らなかった。ホテルによってはベッドでスマホ充電出来ない時もあるから念のため。キャリーケースに忍ばせる程度なら持ってても良い。

ひげそり、歯ブラシ(Poket Doltz)

→ひげそりはホテルの使い捨てのじゃ肌荒れするから必須。歯ブラシは個人的に気に入っているからこれが良い。

 

そしてこれらを詰め込んだのがこちらの写真。

はい。半分空いてますね!

でも結局このスペースにお土産を入れたので割とこのサイズで良かった面もあります。

その他、身につけて歩くデイバッグも持って行き、以下を常備してました。

折畳み傘

→持っていた方が良いけど、晴れの国岡山は雨降らないらしいから持ち腐れだった。

イヤホン

→別途TOEICスコアアップを狙っているので、スキマ時間の勉強に必要だった。

マスク

→これないと花粉症には外で観光なんて出来ない!

花粉症の薬

→同上。

クリアファイル

→観光地で手に入れたパンフレットやチラシはファイリングしておくと良いかも。

 

服装は?

季節は2月後半、最近暖かくなり始めていますが夜は寒かったです。

僕は普通のボタンダウンシャツにコート、マフラーを持って行きました。

旅行中は沢山歩くことも想定していたので、以下の様に三段階に分けて体温調節をしていました。

①フル装備

とても寒い夜なんかはコートにマフラーを巻いて丁度良い感じです。

②マフラー外し

昼間ゆっくり歩く時は日差しが暖かいので、マフラーはいりません。

しまっておけるトートバッグでもあると便利です。

③コートの前開け

岡山城や美術館は暖房が効いているのか①②の服装だと若干暑いです。

コートのボタンを外すくらいが丁度良いかも。

余程であれば上着を脱げば良いので、これで万全ですね。

 

ホテルはどんな感じ?

今回僕は「じゃらん」のネット予約でホテルをとりました。

じゃらんに限らず、様々なサービスでネット予約はできますが、僕は普段の飲み会の予約とかもじゃらんでやっているので、ポイントが集約されるメリットがあるので使っています。

ホテルは「センチュリオンホテル&スパ倉敷」の素泊まりプランです。

このホテルはできてから1周年ということで、まだ新しく、非常に綺麗なつくりでした。

部屋の中はこんな感じ

部屋に入った瞬間の写真がこんな感じ。床がシックなフローリングになっておりちょっと落ち着きのある雰囲気を作り出しています。

ベッドはセミダブルで、1人で寝るには十分です。

またソファもあります。僕はキャリーケースをソファに置いて開け閉めしていました。

テレビも50インチ壁掛けが置いてあり、全部屋にこれがあると思うとお金かかってるなぁ…と思います。

無料でスマホを貸してくれる

部屋にAndroidのスマホが置いてあるのですが、なんと電話やネットを無料で使えるとのこと。

そしてお出かけの際にお持ちくださいとあるので、観光時に使えるとのこと!

僕は自分のスマホを使っていたので利用はしなかったのですが、外国から来た観光客にはすごく重宝されるんじゃないでしょうか?

外国に行く時にまず気になるのは、いざという時の連絡手段。

ローミングで電話してたら何10万円と請求が来ますからね。

このサービスには驚きました。

大浴場とサウナ

大浴場はホテル内にあるので、その辺のスーパー銭湯のような大きさはありませんが、「お、広いな」と思うくらいの広さはあります。

毎日14時〜15時で清掃が入り、週に一回は深夜に大清掃をするとのことで、特に目立った汚れはなく清潔でした。

サウナもおまけで付いています。

これが清掃時間以外で24時間入り放題なんだから、これだけでもこのホテルを選ぶ価値あるかも。

観光地までの距離は?

周辺の観光地は倉敷美観地区になります。

ホテルから美観地区までは徒歩数分で着くので、お土産を購入したら荷物を置きに…

歩き疲れたら風呂入りに…

とすぐにホテルに戻ることが出来ます。

観光の合間に大浴場挟むと、もう一日中歩けますね。

お土産何買った?

さぁ、旅行と言えばお土産です。

旅行から帰ってもリアルタイムブログは続いてます!

今回はお土産で人にあげて喜ばれた物を紹介します。

白桃とチーズのおかやまラング

これが一番喜ばれました。おかやまラング!

どうやら最近の新商品のようです。

白い恋人とかと同じような感じだと思いますが、中に入っているチーズクリームが結構分厚く、

これを渡した人からは、

「これ、通販とかあるんですかね?」

との事。

しかも日持ちするし良きかな。

地ビール「独歩」

大人のお土産としてはこちらの地ビール、「独歩」もオススメ!

地ビールはビール好きにとってはこれ以上ない嬉しいお土産かも。

こちらのお店で売ってます。探してみて下さい!

倉敷帆布

帆布(はんぷ)というのをご存知でしょうか?

「ほぬの」と読む場合は船の帆に使う布の事を指すようですが、「はんぷ」はカバンなどに使われる布の事を指すようです。

元は同じ技術で編まれた製品ですけどね。

倉敷はこの帆布の生産が有名で、ジーンズと並んで人気の品。

今回僕が購入したのはこのトートバッグ!

これは自分用!

イベントとか観光地に行ったらついトートバッグを買っちゃう根っからのトートバッグマニアの僕としては外せない品です。

ただ今会社内のちょっとした移動時に使用中。

ノーパソもって歩く時は、両手がふさがるから、安全のためにはこのようなバッグに入れるのが丁度良いんですよね。

ホント丁度良いサイズで、さらにイベントとかで良く売ってる薄手の物でなく、かなりしっかりした作りです。

これは長持ちしそう!

さいごに

旅行というと、北海道とか沖縄、東京、京都、大阪とかがまず頭に思い浮かぶと思いますが、

今回「JALどこかにマイル」で当たった岡山県、特に倉敷は本当に楽しめて良かったです!

香川県、いや…うどん県も近いし!

おそらくこのブログの分量を見れば、僕がどれほどテンション上がっていたかを推し量る事ができるでしょう。

皆さんも是非岡山県に行ってみて下さい!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。