【英語】TOEICのWEB申し込みは簡単な上にスコアをいち早く知ることができる!

TOEICはWebから申し込むのが良い理由

こんにちは。

TOEICのスコアアップを地道に狙っているkentaです。

僕はTOEICの勉強を「スタディサプリENGLISH TOEIC®L&R対策コース」というアプリだけを使って行っています。

そろそろ二か月近く経ってきて、総学習時間が65時間を超えてきたので、いよいよ本番のTOEICに申し込もうと思います!

実は既にIPテスト(会社とかの団体が受験するやつ)も受けたのですが、結果が来るまでに結構時間がかかるので、興奮冷めやらぬ内に公開テストにも申し込もうと思いました!

TOEICの公開テストって?IPテストとの違いは?

一般にTOEICというのはこの公開テストのことをさします。

他にもTOEICにはIPテストという団体受験用の枠もありますが、通常は個人の受験者が圧倒的に多いので公開テストを受ける人が多いと思います。

公開テストは常に新しい問題が作られて出題されるとのことですが、IPテストは過去問の再利用のようです(知らなかった…)。

でも過去問は販売されておらず、持ち帰りも禁止メモも禁止なので、全ての回の問題を覚えている人はほぼ皆無で、難易度はそれほど変わらないとのことです。

但し、IPテストとは違い、公開テストは公式認定証が発行される所が大きな違いです!

公式認定証?

公式認定証は履歴書に書くことができます!

もちろんIPテストだって、書いても良いのですが、就職活動等で公式認定証の提出を求められた時には発行することができませんので、書かないのが無難と思われます。

各企業や大学でTOEICは一つの指標として採用されており、それだけ公式認定証は認知されているってことでしょうね。

受験の申し込みはWebで!

ここで本題です!

TOEICの受験申込について、僕がオススメするのは何といってもWebからの申し込みです。

なんとWebで会員登録をして、申し込み時に「テスト結果インターネット表示」にチェックするだけで、公式認定証が発送される約1週間前に結果を見ることができます!

テスト受けた後って、めっちゃ結果が気になりますよね。

それが1週間先取りで結果を見ることができるということは控えめに言っても最高です。

説明の必要はあまりないくらい簡単ですが、以下に会員登録の方法申し込み方法をちょっとだけ紹介しておきます。

会員登録と申し込み

TOEIC公式ページにアクセスし、直近で申し込み可能な日程がある場合はそこをクリックします。

申し込み画面の所まで進むと、「登録」というボタンがありますので、ここから会員登録をすることができます。

登録はとても簡単、次へと進んでいけばできてしまいます。

また、一度会員登録してしまえばWebからいつでも受験の申し込みができます。

こちらも特に説明は不要と思いますが、受験地の選択にだけはご注意下さい

東京在住の方が北海道とか選択して申し込んだら、TOEIC受験のために北海道旅行しなければならなくなりますので。

そしてこの受験地選択画面で「テスト結果のインターネット表示」がありますので、忘れずにチェックをして下さいね。

まとめ

TOEICはWebから申し込むとスコアをはやめに知ることができる!

僕はこの事実を知らずにいつもまだかまだかと待っていたわけですので、無用なソワソワ感を抱かないためにも、チェックを忘れずに!