【ライフハック】ミニクーパーを購入したので車庫証明も自分で申請してみた

車庫証明はとっても簡単!代行手続き費用を節約しよう!

先日とあるきっかけでミニクーパーを購入することになりました。

今の車から変更となるため、忘れてはいけない手続きがあります。

それが「車庫証明」です。

車を購入する時、これらの手続きをお店に代行してやってもらうこともできますが、「自分でやった方が断然お得」と思いましたので備忘録も兼ねてここに記録します。

車庫証明の申請とは?

一般に車庫証明申請と言われていますが、正式には自動車保管場所証明申請書と言います。

これは警察署に申請するもので、車庫の所在位置を証明するものですね。

申請が通ると、車庫証明のステッカーが貰えます。この申請をして車庫の存在が証明されないとナンバーが発行されないので、車を所有することができません

ちなみにナンバーは陸運局で発行されるので、この証明書はさらに陸運局に提出されるという流れです。

陸運局に行ったりするのはちょっと大変そうですが、車庫証明はすごく簡単に手に入ります

どれくらいお得?

ディーラー等に車庫証明の手続きの代行を依頼すると、約1万円ちょっとかかります。

その他、2600円の印紙代は別でかかるので、自分でやると単純に1万円ちょっとの出費が節約できます。

うな重(並)に換算すると約3杯分くらい。そのくらいお得です。

申請に必要な書類は?

警察署に持っていく時に必要な書類は以下の4枚の書類が必要です。

車を購入したお店で貰うことが大半だと思いますが、警察署で入手することも可能です。

また、警視庁のホームページからもダウンロードできますので、自宅でも印刷すれば手に入ります。

ただ警察署で手に入れた物であれば、以下の①と②は複写式になっているので、記入が楽です。

①自動車保管場所証明申請書

これがいわゆる車庫証明申請書。車のメーカーと型式、車台番号やサイズを記載します

車台番号をはじめ、これは正式な書式を事前に車を購入したお店の人に聞いておきましょう。

警察の人曰く、これが間違っていると陸運局へ提出した段階で却下されるみたいです。

その他、住所等も住民票に記載されている正式な書き方で書きましょう。

日付は警察署に提出する直前に書けば十分と思います。

正直僕は書き方が不明な所は白紙で持っていき、警察の人に聞きながら書きました(怖い顔していましたが、結構優しく教えてくれました)。

僕自身は実際に車名とかの書き方に迷ったので、以下に写真を載せときます。

②保管場所標章交付申請書

これは上記①と同じ記載方法です。この書類にも押印するのを忘れずに。

③保管場所使用承諾証明書

この証明書は少し注意。もしあなたが住んでいる所がアパート等の賃貸であれば、これは大家さんや不動産管理会社から印鑑付きでもらう必要があります

僕もアパート暮らしなので、管理会社から受け取りました。基本すぐ発行できるみたいなので時間的な問題は全く無いのですが、うちは発行に3500円かかりました

不動産管理会社はこういう所で稼いでいるのでしょうね…。

しかしこれはディーラーに代行をお願いしてもかかる費用ですので、必要経費。

この紙切れが3500円です。うな重1杯にお味噌汁も付けることができます。

尚、こちらも警察書に持っていくまで日付は書きませんでした。

実際は納車予定日から1年間を記載しました。

④保管場所の所在図・配置図

3500円にはこの図も入っていました。これは車がどのように置かれるか、地図と車庫、付近の道路の幅等の情報を記載します。

Google Mapがあれば簡単に自分でも描けますね。

以上が必要な書類です。

但しこれは、アパート暮らし、アパートに駐車場が付いている場合の例です。駐車場を別途契約している方は駐車場の賃貸契約コピーが必要である等、若干異なります。

不明点や不安がある場合は、一度警察書へ行き、書類を受け取るついでに何が必要かを聞くのがベストですね。

いざ警察署へ!証明書発行までどれくらい時間がかかる?

書類の準備が出来たら、いよいよ警察署に行きましょう(交番ではありませんよ)!

何も悪いことをしていないのに、警察署に行くのは少し緊張しました…。

僕の場合、受付はいかにも柔道が強そうなコワモテのおじちゃんが担当してくれましたが、非常に親切に対応して頂きました!

指示に従い、印紙を購入し、提出を行えばこの日は終了。

事前情報ではおよそ一週間かかると言われていましたが、今回は3日後に引き取り日が設定されていました。

幸いうちの会社は警察署が近かったので、昼休みに行っても十分間に合うくらい簡単でした

ただ、申請と引き取りで2回警察署に行かなければいけないのが自分でやる場合の面倒な面となります。

でも1万円の仕事をしたと思えば、全然問題ありませんね!

まとめ

車庫証明の申請はすごく簡単!難しいことは何一つなく、1万円相当の代行代を節約することができました。

こういう小さなライフハックを積み重ねて効率の良い生活を送りましょう!