【ダイエット】便秘改善?脂肪の吸収を抑える難消化性デキストリンとは

実際に2か月以上使用した「食物繊維」の効果!

ブログを始めた一つのきっかけにもなった難消化性デキストリンダイエット

僕はその他にも、適切な心拍数をfitbitで計測しながらエアロバイクでしっかり運動し、モチベーションの維持のためにZOZOスーツで体型計測を行うという、データ主義ダイエットを継続しています。

詳しくは以下の準備編をご覧下さい。

そろそろ10週以上が経過し、一週間毎の経過確認にあまり重要性を感じなくなってきましたので(がっつり痩せる時期は過ぎ、今は緩やかに減っている時期になってきました)、

経過確認をダイエットコラム記事として不定期に出していくスタイルにしていこうと思います。

今回は、僕のダイエット企画の影の立役者、「難消化性デキストリン」について改めてご紹介します!

難消化性デキストリンとは?

何度聞いても、あやしい薬物なのではないかと疑ってしまう名称ですが、何のことはありません。

難消化性デキストリンとは「水溶性の食物繊維」のことです。

食物繊維はごぼうとか、とうもろこしとかに多く入っている健康に大変良いとされる成分…というか繊維です。

食物繊維には、腸内で脂肪と糖の吸収を抑える効果があります。

「脂肪と糖の吸収を抑える」とうたっているトクホのお茶等にも約5gほど入っています。

(但し、脂肪の燃焼を助ける~系には別の成分が入っています)

トクホで認められるには、臨床試験が必要ですが、それをクリアしているということですね。

よく、ダイエットにはまず野菜を食べてから他の物を食べる方が良い、ということを聞きますが、このような食べる順ダイエットも食物繊維を先にとるということが由来と聞きました。

難消化性デキストリンはAmazon等で粉の状態で売っていますので、野菜を食べなくても、価格の高いトクホのお茶を飲まなくても効率よく摂取することができます。

難消化性デキストリンの効果

この難消化性デキストリン魔法の粉や痩せる薬ではありません

そのため、飲めば必ず痩せるということは誰も保証していないので、ここでは僕の実体験を紹介する程度にします。

とは言っても、僕はエアロバイクダイエットも併用していますので、難消化性デキストリンだけで痩せてきたわけではないため、厳密な効果は推測でしかありません。

以下はダイエット開始から約8週経過した時の体重グラフです。

初期から6週くらいまでは面白いくらいにどんどん体重が減ってきました。

上の図だと一端体重減少率が落ち着いている部分がありますが(拡大している所)、ここは実はエアロバイクをさぼった時期でもあります。

この時、エアロバイクを乗らず難消化性デキストリンだけダイエットをしていたことになります。

…ラーメン屋に3回、飲み会三昧とだらしない生活をしていましたが、毎食かかさず難消化性デキストリンだけは飲んでいました。

ところが驚くことに、体重が増える傾向ありませんでした

ちなみに、僕は一回あたり30g~40gほど飲んでいます(もしかして飲みすぎかも)。

コップでかき混ぜるより、水筒に入れて良く降ると良い感じに溶けているので、水筒は常時携帯しています。

難消化性デキストリンの効果として、僕の場合はそれだけ飲んでいれば体重が減る、ということは無いという結論ですが、一方で暴飲暴食でもそんなに体重が変わっていないという事実も得ることができました。

弊害?朗報?便通に対する変化

難消化性デキストリンは食物繊維です。僕が約2か月以上飲み続けてわかったことを紹介します。

(便に関する所感を記載するので、食事中の方はここで記事を閉じた方が良いかも。)

 

 

まずこの難消化性デキストリンは、量により便通にすごい変化を与えているということがわかりました

僕の場合ですが、毎食10g~20gくらいだと、丁度良いくらいの快便になりました(ツルっとした感じ)。

但し、毎食30g~40gになるとお腹の中で常にゴロゴロ鳴っている状態が続きました。

(おそらく腸内細菌の餌(食物繊維)が増え、ガスが大量生産されている)

これもしばらくすると慣れるのですが、最初の頃は結構キツいかも知れません。

すぐトイレにいってガス抜きする、ということになりたくない方は20g程度にしておいた方が無難かも知れません。

あと40gくらいになると、逆に便秘みたいになります。飲みすぎると不快な気分になるので、僕のような変な人以外はやめときましょう(慣れれば別にどってことないですが)。

…と、色々と腸内の状態を体験しましたが、難消化性デキストリンは便の状態にダイレクトアタックするので、便秘がちの人は少な目に飲めば便秘改善が期待できるのではと思います。

ずっと難消化性デキストリンのターン…!(みたいな?」

まとめ

ダイエットの補助的要素としてだけでなく、便秘改善にも役に立つと考えられる難消化性デキストリンはちょっとしたライフハック!

目標に達するまでは継続的にダイエット記事を出していこうと思いますので、ご期待下さい。