【ガジェット】fitbit versa スマートウォッチタイプの活動量計レビュー!これを使ったダイエットで痩せる!

fitbitの2018年最新モデル!Versa!

普段はfitbit Alta HRを使っていたのですが、バンドが外れたのか、都内のどこかに落としてしまいました…(悲しい)!

以前にもバンド部が外れたことがあったので、多分そういうことなんでしょう。Alta HRは軽くて付けている感覚が無かったので、落としても気づかなかった…。

ですが、ライフログはまだしばらく取っていたい。別途進行中のダイエット計画には必需品なのです!

無くした次の日に、秋葉原のヨドバシに行って新しいfitbitを物色。

何か以前買った時よりも種類が豊富で、既にわくわくが止まりません!
新しいガジェットを購入する時はこのわくわく感がたまりませんね

そこで購入したのが、このfitbit versa


以前のAlta HRとは異なり、スマートウォッチタイプです!

fitbitは2016年末にスマートウォッチメーカーであるPebbleを買収し、これまでにもIonicとかを発売していたみたいですが、このversaは現時点の最新!

なぜ僕がこの製品を選んだか、説明して行きます。

2018年12月追記!

この活動量計でダイエットのモチベーションが上がり、実際に得た成果がこちらの記事です!

今はちょっと休憩中だけど、いつでも痩せられる管理デバイスを手に入れたのはでかいですね!

 

fitbit versaを選んだ理由、その他のスマートウォッチとどう違う?

理由その①:フィットネスに特化している

fitbitは元々フィットネス用途に特化した製品群を多く世に出してきました。

僕が活動量計を購入するのは、主に運動時の心拍数を正確に測定したいからです。僕は過去に安い活動量計をいくつか買ったことがありますが、しっかり測定できているのか微妙な物ばかりでした。

fitbitは最新の心拍数センサーと、そのデータ処理技術が高く、自分で脈拍を測定した数値とほぼ同じでしっかり測定できている、という安心感があります

さらに、fitbitは製品を登録しているユーザー数が全世界で2,000万人を超えるモンスター企業。コミュニティも充実していて、今後ビッグデータを活用したサービス等が出てくることも予想されます。

そのユーザー達が利用しているのが、fitbitのアプリ。fitbit製品を使えば、このアプリで日々の消費カロリー計算、歩数、移動距離、エクササイズの時間、心拍数、睡眠の質分析、体重管理が一挙に出来てしまうのです!

もしあなたがスマートウォッチを購入する目的に、日々の体型管理や健康管理があるのであれば、Apple Watchやその他の活動量計よりも、このフィットネスに特化したfitbit versaを選ぶ方が有意義に記録ができると思います。

理由その②:バッテリーの持ちが良い

日々の健康管理を行い、睡眠の質も計測できるデバイスを付けていたら、バッテリーがすぐに無くなってしまうのはかなり面倒だと思います。

Apple Watchの公称バッテリー持ち時間が一日も無いのに対し、fitbit versaは4日は持つとあります。

このバッテリーの持ちは今出ているスマートウォッチの中では長い部類に入ります。

これだけあれば、旅行好きの僕としても、小旅行で充電器を持っていかなくても良いというメリットがあります。

理由その③:価格が安く、バンドのバリエーションが豊富

スマートウォッチでは5万円程度が主流の中、このfitbit versaは2万円代で購入することができます。

価格の安さは、全てのガジェットを購入する際に重要なポイントと思われます。

さらに、バンドもAmazon等で様々な種類の物が揃っており、おしゃれにスマートウォッチを身に着けたいという人にも最適です。

このように、特に3つの理由により、僕はこの製品を選択しました。

理由①:フィットネスに特化している

理由②:バッテリーの持ちが良い

理由③:価格が安く、バンドの種類が豊富

いざセットアップ!

さあ、製品を開封してセットアップをしていきましょう!

開封するとこんな感じ。本体の他に、充電器や替えのバンドが入っています。僕はヨドバシでwovenタイプを購入したので、繊維模様のバンドが標準で付いていました。

アプリから製品を登録していきます。こんなに種類があるんですね!

versaを選択します。

versaを充電器にセットし、アプリの指示に従って設定をして行きます。

Wi-Fiの設定とかは別途ルーターのパスワードが必要です。

基本はこのアプリの設定だけでもう使える状態になります。

使用例

リアルタイム心拍数

一日付けて、少し運動した心拍数測定結果がこちらです!

最も高いピークはエアロバイクで30分間の有酸素運動を行った部分。夜遅くの少し高いピークはピアノ演奏動画を撮った時です。

ちなみにピアノ演奏動画は、幻想即興曲ノクターンの2曲。毎分自動記録されるので、数分の曲を弾いたとしてもしっかりドキドキ具合を計測してくれます!

カロリーは有酸素運動や脂肪燃焼時間を心拍数をもとに計算してくれるので、エアロバイクについている簡易心拍計よりも正確です。

睡眠ステージ

そして、これはAlta HR時代のものですが、睡眠の質も分析してくれます。

夢を見ていたな~、とかも、あぁこの時間で見ていたのかな、と推測できて地味に面白いです。

これだけ詳細な分析ができるということは、fitbitの思想にはフィットネスには睡眠も大事ということがあると伺えますね。

安静時心拍数

Fitbit versaを常日頃から身に着けているだけで、データから色々なことがわかってきます。

例えば、日々安静時の心拍数をモニターしていると、残業等で過渡的なストレスがかかっている状況にもいち早く気付くことができます

ストレス社会を生きる我々は、自分の身体に危機が迫っている状況に早く気付き、有給休暇で対処する等の自衛も念頭に置かなければなりませんね!

まとめ

いかがでしょうか。fitbit versaは僕としては近年稀に見る満足度の製品でした!

日々のカロリー計算や健康管理には非常に良いガジェットです!

2018年12月追記

最近はAmazon等で価格が下がっているみたいですので、僕が購入した時よりお得かも知れません。