【ビール】秋葉原 常陸野ブルーイング・ラボ

川沿いのお店!フクロウ印のクラフトビール!

今回はまたも出張の帰りにビールを飲むことにしました!
今回ご紹介するのは、あの常陸野(ひたちの)ネスト直営の常陸野ブルーイング・ラボさんにおじゃましました。

場所は秋葉原の電気街から少し歩き、万世橋のMAAch ecuteという建物内にあります。


もうこの入口からおされ。

このお店、レジでオーダーして自分で席まで持っていくスタバのようなスタイル(食べ物は運んできてくれる)。洋風なスタイルってやつ?

レジの近くにこのような装置があってビビります!(何これ?ビールが入っている?)

予約客がいっぱいで少ししか居れないということで、いそいそと注文。

まずはホワイトエール!(レギュラーサイズ)

ハーブやスパイスを加えたベルギービールの伝統小麦ビールとのこと。いや~やっぱりエールはうまいですね。エールは香りも強いので、好きな人には楽しみが2倍の一品と思います!

それにしてもこのグラス、フクロウがめっちゃ可愛いんですけど!

おつまみは名物の常陸さばサンド

程良い酸味とさばの風味が抜群!うまし!

次のビールはだいだいエール!(ラージサイズ)

茨城県の福来ミカンと、オレンジ風味のホップで醸造したという一杯!

飲んでみると先ほどのホワイトエールよりも苦みが強い!でも香りはフルーティ!

上記二つの写真、似ているようで若干だいだいエールの方が色が濃いでしょう?こういうので苦みもわかるらしいですよ?(この店で知りました…。)

ちなみにラージサイズを頼んでみたのはどうやらこのグラス、売っているようなのでサイズ感を確かめたかったから。

お店の中にはビールに関する知識を得るための情報がちりばめられています。例えばこの本。普通に置いてあります。

あとこれ。IBU(International Bitterness Unit)のサンプル。数値が大きいほど苦味価が大きいとのこと。

このように知識が勝手に増えていきます。

定期的に来て、みんなでビール博士になっちゃう?

とにかくあまり時間がなかったので今回はここまで…。

寂しいので自分へのお土産にグラスとコースターを買っちゃいました!グラスはもちろんラージサイズ。

コースターのデザインも結構気に入っています!グラスとコースター合わせて千円くらい。安い!

他にもキーホルダーとか色々売っていました。

後々調べたらこの常陸野ネストブランド、世界的にもかなり有名らしい!恐れ入りました!

別日再訪

ちょっと近くに寄る機会があったので再度このお店を訪れました!

台風12号が来てるってのに…。

写真はお店の前、万世橋から秋葉原電気街を撮ったもの。雨風すごし。

といっても店の中はいたって平穏。既に外国のお客さんやおしゃれな方々が沢山入っています。

でもカウンターは空いているようで、一人客の僕は迷わず注文へ。

まずはこの前来た時に気になっていたニッポニア!

IBUでいうと25、この前のだいだいエールは17とのことで、それより苦いのかな?別日に飲むと比較が難しい…。その日の気分や体調で感じ方も変わるかも。

このビールは日本古来のビール麦とホップを用いて醸造したゴールデンエールとのこと。日本人の舌には合っているのではないでしょうか!

おいしく頂きました。

続いてスウィートスタウト!

ちょっと黒いのが気になったので注文。IBUでいうと(バカの一つ覚えみたいにこの表現使ってますね…)15なので、先ほどのニッポニアより苦味は少ない感じ。確かに感覚と数値は合っています。

でも凄いコク!皆さん仰っているコクっていままでなんだと思っていたけど、これがコクか!

コクの秘密はロースト麦芽とのこと。のど越しも良く最高です!

この日のおつまみはこれ。海老ときのこのアヒージョ!

台風の日、しっとりビールを飲むのに最高のお供でした!

まとめ

秋葉原は出張で良く行くため、このお店はお気に入りになりそうです。

秋葉原でエールを飲みたかったらここに行くべし!

通販でも売っているので、首都圏に行くことが困難な方でも一応このクラフトビールを味わうことができます(一番はお店の注ぎたてですが)!

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。