【ガジェット】超小型PC GPD pocket

ポケットサイズの超小型PC!

2017年に米国のクラウドファンディングIndiegogoで、目標を大幅に上回る資金を獲得したというUMPC(ウルトラモバイルPC)のGPD Pocket !

2018年、GPD Pocket2が発売されるという噂を聞きましたが、ポインティングデバイスが無くなるということで、僕としては2ではない無印の方が欲しくなり、そちらをAmazonで購入しました!

旅行好きなので、どこか遠出をした際に嵩張らないサイズ、かつキーボードが標準で付いており、Windowsのソフトが色々入れられるモノは無いか…と探していた時に見つけました!

おそらく、似たような要望を持ったユーザーは「これだ!」と感じるハズです。

今回はこのGPD Pocketをおよそ一か月使用してみた結果をレビューしてみたいと思います。

外観

外観は非常にシンプル。リンゴマークが入っていないApple Airのようです。サイズも噂に違わず、カバンに常時入れていても全く気にならないレベルでした。

端子類は右側面に集中しており、USB3.0端子、ヘッドセット用ミニステレオ端子、外部ディスプレイ出力用のマイクロHDMI端子、給電用のUSB Type-C 3.0端子が付いています。

HDMI出力が可能で、自宅にいる時は1920×1200サイズのディスプレイにも画面出力が可能なため、デスクトップPCとしての使用も十分考えられます

裏面もシンプルで、技適マークも有り安心感があります。

付属品

Amazonのセット品で購入したため、上記写真の付属品が付いてきました。

・USB Type-CのACアダプターとケーブル
充電するために必要です。

・マイクロHDMIケーブル
外部ディスプレイを使う場合はここから出力します。

・USB端子×3とSDカードソケットの付いた拡張ハブ
内部ストレージが128GBなので、写真や音楽、バックアップはSDカードにして置いた方が良いかも知れません。

・GPD Pocket専用合皮ケース

このケース、専用ケースだけあって流石にぴったり!持ち運ぶ時はこれに入れておけばカバンの中の他の物と擦れてしまうことも防げそうです。合皮ですが、そんなにチープさは感じない出来だと思います。

キーボード

肝心のキーボードは特殊配列ということで、最初は打ち間違いが多く不安がありましたが。一か月使った今としては特に不自由は感じません。

もちろん、フルサイズのキーボードと比べたら劣ってしまいますが、タブレットPCに比べると断然物理キーボードがあるこちらの方が好きです。

この記事もGPD Pocketを使って書いています。

タブレットもBluetoothキーボード等を使えば問題無いのですが、キーボードと本体が分離しているという制約は使用のスタイルを制限してしまい、いまいち満足感がありませんでした。

ポインティングデバイス(写真の青い部分)があることもポイントが高いと思います。

インストールしたソフトと動作

このPCは仕事で使うわけでは無いため、主に趣味で以下のソフトを入れてみました。

・iTunes
iPhone7の母艦、音楽の購入や管理。

・MATLAB home
個人使用のための安いライセンス。
科学技術計算プログラム勉強用。

・FFFTP
ブログファイルのFTPソフト。

・Microsoft Office mobile
なんと10インチ以下のPCであれば無料で使えるオフィス。

・サクラエディタ
テキストファイル編集ソフト。

とりあえず以上のソフトを入れてみて、特にストレス無く動作することを確認しました。サクラエディタなんかはWindows10に対応と記載はありませんでしたが、動作しました。

また、この中ではMATLABが一番重い動作をする可能性がありますが、現時点ではサクサク動いています。

どんなシーンで使っているか?

このPCはやはり持ち運び時に活躍します。仕事柄、座席指定の電車に乗ることが多くありますが、その際にこういう記事を書くこともできます。

また、ちょっと移動時間を使ってプログラミングの勉強をしてみたりといった使い方が主です。

最近では電車内等、外でもWi-Fi通信環境が整ってきたこともあり、インターネットへの接続が容易になったこともポイントと思います。

※ただし、セキュリティが必要な通信は別途テザリングやモバイルルーターを使った通信にしましょう。

人によっては、スタバでドヤリングする時の、Mac以外の選択肢としても良いのではないでしょうか?

良いところと悪いところ

上記までの内容で、超小型PCでWindowsをそれなりにストレス無く使いたい、という方には良いところが沢山あることがわかったと思います。

ディスプレイもゴリラガラスを使っていて非常に美麗です。

充電も満タンから5時間くらいは持つので、外で使っていて切れるということは無いと思います(外ではそんなに長時間使わないと思いますし)。

ただし、以下の不満点があるので、気になる方は気を付ける必要があります。

・ファンの音が少しうるさい
使用している時はファンの音がずっと鳴っているので、人によっては気になるかも知れません。ホワイトノイズのような広帯域音なので耳障りというほどではないのですが…。

・満充電後は給電ケーブルを抜いたほうが良い
満充電後はバッテリ駆動になるらしく、ケーブルは抜いて使用することが推奨されているそうです。

初期ロットはかなり不具合が多かったみたいですが、今自分で購入してみて使ってみると特にネットに記載されているような不具合にはまだお目にかかっていません。

もし何か不具合がある場合はちょっと昔の内容を調べれば解決するかも知れません。

まとめ

とにかく一か月使ってみて、買ってよかったガジェットです!

動画もサクサク動きますし、持ち出した時のウキウキ感は最高です!

約3か月使ってみて

2018年9月半ば、このGPD Pocketを購入してからおよそ3か月になりますが、まだまだ快調に使っています!

このPCでブログを50記事ほど書きました!キーボードはもう慣れて通常のPC並みの速度で打つことができています。

今の所、特に不具合もありません

ちょっと遠くに泊まりで行く時、さらにPCを持っていきたい時、今までは重く嵩張る物を持って行っていましたが、このGPD Pocketなら重さは全く気になりません!

もうしばらく使ったらまたレビューしたいと思います!