【ビール】門司港地ビール工房

港町で飲む!格別ビール!

JALのどこかにマイルの旅で九州へ行った際、最も行ってよかったのはやっぱり門司港の地ビール工房!
JAL 日本航空 特便割引
お店は門司港レトロという観光地の中にあります。
まず初めにヴァイツェンをオーダー!

ジャパン・ビア・グランプリ受賞歴もあるこのビール、苦みは少なく、どことなくフルーティーな味わい。アルコール度数は5.5%。

この旅行気分で飲むビールのなんと格別なことか!
ヴァイツェンとはドイツの代表的なビールのようで、なんとヴァイツェン酵母にはビタミン、ミネラル、タンパク質が豊富で健康や肌に良いらしいです。沢山飲みましょう(潰れない程度に)。

続いて、門司港驛ビールを追加注文!

このビールはなんといっても先ほどのヴァイツェンと比べると苦みが聞いていて大人向け(ビールは大体大人向けだが)。苦いのはホップを多用しているからとのこと。

その昔昭和初期、ビールの長距離輸送が行われていたそうで、ホップには防腐作用があることから機能面を重視して苦くなったそうです。だがそれが良い!

アルコール度数は同じく5.5%。ビールの種類はラガービール。

調子に乗って次はヴァイツェンストロングを注文しました!


はじめのヴァイツェンと同じ種類ですが、アルコール度数が7.7%とパワーアップしています!

バナナのようなフルーティーフレーバーとともにお酒感も強くある贅沢なテイスト。

もっと飲みたかったのですが、せっかくの旅行でラーメン巡りもしたかったので、ここらでお会計。

メニューにはグラスの販売もあると記載があったのですが、今はやっていないと言われてしまいました。残念。

以上、門司港レトロの地ビール工房でした。

以下、門司港レトロで気になったものを撮影した写真をおまけに。。

この記事もオススメ!